AUアカデミー(英友アカデミー)は、個別指導を重視した指導を行っている学習塾です。幼児・小学・中学の英検受験指導、高校入試、速聴学習法の指導、Newtonのe-ラーニングなど、あらゆるニーズにお応えします。


スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
★中三冬期講習受講生募集
2007年11月26日 (月) | 編集 |
★中3冬期講習 生徒4名募集
中3生対象に 冬期講習を行います。

全体学習の中での個別指導です。

個人の苦手得意箇所を割り出し
効率よく確実に得点が取れるよう
ひとりひとりの学習メニューを取り入れながら
合格へと導きます。


■期間  12/22・23・25・26・27・28・29、1/4・5
■県模試 1月6日(日)
■時間  9:00~15:00 (昼休憩あり)
■対称  中学3年生
■定員  5人
■教科  全教科
■費用  33.000円 (一般性)1月より入塾の場合塾生費用
      (県模試代4200円、教材費2000円、消費税込)
     30.000円 (当塾生)
       (県模試代3150円、教材費2000円、消費税込)


   ★県模試★
●日時 1月6日(日)9時~14時
●学年 中学1,2、3年

申し込みは、お電話、メールにてお申込ください。

TEL 086-278-5931
E-mail yo_o@po1.oninet.ne.jp
スポンサーサイト
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育
■小学6年生 特別講座開設
2007年11月04日 (日) | 編集 |
中学準備講座開設

数学 英語

小学6年生対象
いつからでもOK!

日割り計算をします。

最強の学習方法を伝授!


中学1年の基礎を短期間で習得


少人数で、個人指導

だから あなただけの特別メニューも!

わがまま 聞きます。

愛を持って ひとりひとりを大切に指導しています。

曜日:●算数(国・社・理も追加可)
       月・土 (週1または週2)
    ●英語 水または木(週1・60分)  

授業料:●1教科のみ(週1・60分)・・・5500円
        
     ●英・算(週2)・・・・8000円
          (週3)・・ 11000円
      
詳しくはお問い合わせください。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:教育
ジャンル:学校・教育
2007年岡山県高校入試難易度一覧表
2007年11月02日 (金) | 編集 |
2007年用の岡山県の高校難易度です。

各校の偏差値は模試の結果を参考に、
合格ラインの平均値を出しています。

偏差値55以上の学校を掲載しています。
多少の誤差もあるかもしれませんので、
あくまでも参考程度にしてください。


岡山白陵高校 72
岡山朝日高校 67
岡山城東高校(普通科)66
岡山高校 65
倉敷青陵高校 63
岡山芳泉高校 63
岡山操山高校 62
川崎医科大附属高校 60
岡山理科大附高校60
岡山一宮高校(理数科)60
笠岡高校(普通科)60
岡山一宮高校(普通科)59
津山高校(全科)59
津山工業高専(全科)59
倉敷南高校(全科)58
清心女子高校(文理)57
金光学園高校 57
岡山大安寺高校(普通科)57
倉敷天城高校(理数科)57
岡山大安寺高校(自、人)56
関西高校(特別進学)56
就実高校(特別進学)56
岡山学芸舘高校(スーパー)56
岡山城東高校(音楽)55
倉敷天城高校(普通科)55
玉野光南高校(普通科)55
瀬戸高校(全科)55
瀬戸高校(全科)55
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
岡山県内の私立、公立、高専高校のランク一覧
2007年11月02日 (金) | 編集 |
岡山県内の私立、公立、高専高校の高校入試の偏差値情報や難易度ランキング一覧を紹介します。

岡山白陵高校、岡山朝日高校、岡山城東高校、
岡山高校、倉敷青陵高校、岡山理科大学附属高校などの偏差値や、難易度がわかります。

2006年度入試用ですが、それほど大差はないと思います。
2006年度入試用 岡山県高等学校 80%SSランク表pdfファイル

2007年岡山県高校入試難易度一覧表はこちら
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
通知表の成績の決め方
2007年11月02日 (金) | 編集 |
■通知表のつけ方の基準

通知表の「3」や「4」などの評定は、この横にある、
A~Cの成績組み合わせによって決まっているのです。
(◎、○、無印の学校も)

現在の通知表のつけ方は、いろんな観点から「絶対評価」と呼ばれる評価をされています。
テストの点数だけではなく、授業中の挙手の回数や
調べ学習での取り組みなど、それぞれの観点について
A~Cで成績をつけ、これらの組み合わせで通知表の成績が決まっています
(観点は教科によって異なります)

テストの点数が90点(=A)で良かったとしても、
関心などのその他の観点が普通(=B)だった場合、
4つの観点の成績は「BBBA」となり、
通知表の評定は「5」にならないのです。


テストの点数も大切ですが、授業への取り組み、
ノートのまとめ方、提出物の提出状況なども評価されます。

これらが内申アップの秘訣です。

通知表の成績は、受験の合否に関わるとても重要なものです。
何か疑問な点があったら、学校の先生に遠慮なくたずねてみるのもいいかと思います。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
内申バブルとは
2007年11月02日 (金) | 編集 |
内申バブルとは、偏差値と通知表の関係が崩れてることにより始まりました。
■相対評価での通知表の評定

偏差値の考えを取り入れていました。
・~35が「1」(7%)
・35~45が「2」(24%)
・45~55が「3」(38%)
・55~65が「4」(24%)
・65~が「5」(7%)


■絶対評価での通知表の評価

2002年度から始まったゆとり教育では「絶対評価」と呼ばれるつけ方になっています。

この絶対評価には大きな落とし穴があります。

学校の通知表の評定(絶対評価)と模試の評価(相対評価)を比べると、
模試の評価は、学校の通知表の評定ほどではありません。

学校の通知表(絶対評価)では「オール5」でも、
模試の結果(相対評価)では「5がひとつ!?」ということもあります。

これが内申バブルです。

某県では、この内申バブルが原因で、志望校に不合格するケースが増えているそうです。

これを見ていると、絶対評価の通知表に不安な気持ちを抱いてしまいます。

我が子の本当の学力を知りたかったら、県模試などの模擬試験を受けるのをお勧めします。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
偏差値の求め方
2007年11月02日 (金) | 編集 |
偏差値は良し悪しの目安となる数値で、
平均点が「偏差値50」のようです。

なので、「50前後ならば普通」、「60より高ければ良く」、
「40より低ければ悪い」となります。

 偏差値の求め方はちょっと複雑で、
自分の得点から平均点を引き、そこへ10をかけたものを標準偏差でわって、50を加えて求めます。

偏差値は良し悪しの目安になりますが、
鵜呑みにできない場合もあるようなので、注意が必要です。

たとえば、テストを受けた人数が少すぎたり、得点の散らばり具合が極端に偏っていたりした場合には、目安にならない場合があります。

数千人は受験する模擬テスト(模試)のようなのであれば、安心です。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
内申書(調査書)の内容とは
2007年11月02日 (金) | 編集 |
内申書(調査書)には、こんなことが書かれているようです。

内申書(調査書)には、内申点(各教科の評定)をはじめ、
部活動や委員会での活動記録、出欠席日数、特技(資格)、
そのほか中学校生活における活動の様子などが記載されているようです。

内申点は、最近では、公立高校で重視されない傾向にあるようですが、当然、低いよりは、高い方が断然有利です。

私立高校の推薦入試でも、内申点でほぼ合否が決まってしまうことが多いため、内申点をあげる努力は必要といえます。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
キーワードは、「内申書(調査書)」「学力」「面接」
2007年11月02日 (金) | 編集 |
高校入試のキーワードは「内申書(調査書)」「学力」「面接」です。

高校入試では、「推薦入試」と、「一般入試」があります。

推薦入試では、「推薦」されるほどの特技が必要です。
推薦入試では、内申書(調査書)、面接、作文・小論文、実技試験などで審査されることが多くなっているようです。
(基礎的な学力試験を課すところも)


推薦入試では、推薦されるほどの「何か」が必要です。
例えば、部活動では最低でも管内大会で入賞、
できれば県大会レベル以上での入賞がほしいです。

内申点(通知表の評定)では、受験する高校によって基準が違うようですが、
9教科の評定の合計が「36以上」や、国・数・英の主要3教科で「5が1つ以上」など。


●私立高校と公立高校では合格のための基準の違い

私立高校の推薦は「採る推薦」
公立高校の推薦は「落とす推薦」と言われているほどです。

・私立高校の推薦について
 私立高校は、少しでも多く優秀な受験生を確保したいため、
 高校が決めている推薦基準をクリアしていれば、
 ほぼ合格といってもいいくらい、合格の確率は高いです。

・公立高校の推薦について
 「定員の枠」があるため、志願倍率が高なってしまう傾向にあります。
 

岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。