岡山市東区で評判の個別指導の学習塾AUアカデミーは、国語専門(作文・ディベート)「まほろば」を併設した幼児・小学生・中学生・高校入試・プログラミング(準備中)の上道駅・東岡山・平島に近い学習塾です。


スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
2015/平成26年度岡山県立高校入試募集定員1万1960人
2014年11月09日 (日) | 編集 |
 岡山県教委は、2014年10月17日、来春に行う2015年度県立高校入試の募集定員を発表しました。

全日制は今春から330人減って1万1960人。
来春の県内中学校卒業者が減ると見込まれることから、2年ぶりの定員減となりました。

 全日制で生徒を募集するのは今春と同じ50校です。
芳泉、津山、玉野、総社南の普通科と
倉敷工の機械科、和気閑谷のキャリア探求科は
定員が各40人減ります。

新見は普通科が15人、工業技術科と総合ビジネス科が各5人減ります。

 募集停止は津山商の国際ビジネス科(今春40人)と
勝間田の産業工学科(同35人)。

津山商は他の2学科で国際ビジネス科の教育内容を継承。
勝間田は総合学科の定員を10人増やして産業工学科の教育内容を取り入れます。

 定時制、通信制、専攻科の定員は今春と変わりません。

自己推薦入試に代えて今春から導入されている「特別入試」の定員枠は
原則として、普通科が全体の30%、その他の学科は50%の募集です。

 日程は、特別入試が来年2月12日に学力検査、同日と13日に面接や各校独自の選考を実施。
全日制の一般入試は3月12日に学力検査、同13日に面接と実技を行います。

 来春の県内中学校の卒業見込み者は今春より587人少ない1万8602人。

全日制一般入試の平均競争率については、
県教委高校教育課は1・16倍だった今春並みと見込んでいるようです。

山陽新聞
(2014年10月17日 19時34分 更新)

平成27度県立高等学校募集定員 [PDFファイル/73KB]
スポンサーサイト
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育
岡山県立高等学校の学科の廃止について
2014年11月09日 (日) | 編集 |
岡山県立高等学校の学科の廃止について

学科を廃止するもの

津山商業高等学校 国際ビジネス科 平成29 年3月31 日 平成27 年度第1学年
(内容)津山地域の中卒者の減少等の状況から当該校の募集定員を削減することとし、
国際ビジネス科の生徒募集を停止する。
国際ビジネス科の成果を継承し、学校全体でグローバルな視野・感覚を持ち、
地域社会の発展に貢献できる人材の育成を図る。

学科構成
現行平成           27 年度
地域ビジネス科2学級   地域ビジネス科2学級
国際ビジネス科1学級   情報ビジネス科2学級
情報ビジネス科2学級

勝間田高等学校 産業工学科 平成29 年3月31 日平成27 年度第1学年
(内容)林野地域の中卒者の減少等の状況から当該校の募集定員を削減することとし、
産業工学科の生徒募集を停止し、その内容を総合学科に移行する。

総合学科では、
系列を精選し、工業科目を中心とする選択科目群(系列)を設定するなど、
地域人材を育成する教育内容・科目開設を行う。

学科構成
現行平成          27 年度
総合学科2学級      総合学科2学級
グリーン環境科1学級  グリーン環境科1学級
食品科学科1学級    食品科学科1学級
産業工学科1学級

※ 学科の生徒募集定員の策定及び学科廃止に係る関係規則の改正は別途行う。

県立津山商業高等学校及び県立勝間田高等学校における学科の廃止について(平成26年4月) [PDFファイル/39KB]
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
2015(平成27)年岡山県内私立高校入試要項・定員発表
2014年11月09日 (日) | 編集 |
2015(平成27)年 岡山県内私立高校入試要項・定員が発表されました。

岡山県内私立高の2015年の加盟23校の総募集定員は 5602人

 岡山県私学協会は2014年10月10日、
来春の県内私立高校の入試要項と募集定員を発表しました。

 来春の県内中学校の卒業者数は、今春より587人少ない1万8602人の見込みです。
私立高入学者や県外からの進学者の増加傾向を踏まえ、
高梁日新が普通科とビューティー科を各10人減らしましたが、
それ以外の22高は定員を据え置きました。

 学科の変更は岡山理科大付のみです。
県内公私立高で初めて教育学科(認可申請中)を新設します。
教員養成が狙いで、大学の教育学部への進学を想定しています。
電気情報科は募集を停止します。

 コース変更は以下の5校です。
・岡山理科大付・・・普通科の進学医療コース
・倉敷・・・商業科の2コースを情報ビジネスコースとして統合
・興譲館・・・普通科にトータル進学コースを新設
・作陽・・・普通科に進学コースを設けるとともに、
      総合教養コースに調理師を目指すフードデザインを設ける。
・学芸館・・・進学ドリームコースを進学コースに名称変更

 入試は21校が共通日程。
選抜1期(I期、一期、1次、一般、県内入試など学校によって呼び方が異なる)は
来年2月3日(一部は4日まで)、
17校による選抜2期は同24日に行なわれます。
県外の受験生が多い川崎医大付と吉備高原学園は独自日程となります。

山陽新聞サンデジより
(2014年10月10日 13時08分 更新)
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。