AUアカデミー(英友アカデミー)は、個別指導を重視した指導を行っている学習塾です。幼児・小学・中学の英検受験指導、高校入試、速聴学習法の指導、Newtonのe-ラーニングなど、あらゆるニーズにお応えします。


スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
2015(平成27)年度 岡山県立高校入試の競争率 最低1.08倍 
2015年02月07日 (土) | 編集 |
2015年(平成27年)1月26日に、岡山県立高校入試の最終の第2次進学希望調査結果が発表されました。

県立全日制高校50校の平均競争率は1.08倍で、
前年の同期を0.02%下回り、記録が残る1959年以降で最低となりました。

県立全日制の競争率は5年連続で下がっています。
その5年のうち、直近の3年は最低競争率を連続して更新ています。
少子化の影響もあると考えられていますが、
私立高校への進学希望者が増える傾向が続いていることが主な要因と考えられています。

それだけ私立が魅力的な学科が増えてきたのでしょうね。

50校127科2コースある県立全日制の中で、
競争率が2倍を超えた学科は2年連続でありませんでした。

最も競争率が高いのが岡山工情報技術科の1.78倍で、
次が岡山南生活創造科の1.7倍です。

普通科の中で最も競争率が高いのが芳泉で1.37倍でした。

一方、希望者が定員に達しなかったのは29校46科で、
勝山蒜山校地普通科が0.3倍で最も低かったです。

進学希望者全体の中で、県立全日制への進学希望者は70.4%で
前年同期を1.0%下回りましたが、
県内私立全日制への進学希望者は19.2%で前年同期を0.8%上回りました。

県立全日制の入試日程
・特別入試
   1月30日~2月3日 出願受け付け
   1月12、13日 学力検査や面接

・一般入試
  出願期間・・1月25~27日
  3月12日 学力検査
  3月13日に面接と実技

倍率の詳細はこちら

山陽新聞(2015年01月26日 12時39分 更新)より
スポンサーサイト
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育
2015年度岡山県立高特別入試 2.28倍 
2015年02月07日 (土) | 編集 |
2015年 平成27年度の岡山県内公立高校の特別入試の出願状況が2月4日に発表されました。

自己推薦入試の廃止に伴って 特別入試が導入され、今年で2年目になります。

商業、工業などの専門学科と、総合学科、一部普通科で行なわれますが
県立全日制のうち対象となる41校の平均競争率は2.28倍で、
前年度を3%下回りました。

県立全日制では、総定員1万1960人の約3割の3510人を特別入試で募集し、
8010人が出願しました。
昨年12月の進学希望調査の時点から602人増えました。

競争率が最も高いのは倉敷中央普通科子どもコースの3.65倍で、
次は興陽家政科が3.50倍でした。

定員割れは勝山蒜山校地普通科(0.25倍)のみでした。

 全校共通の学力検査(国語、数学、英語)をはじめ、
面接、各校独自の作文、実技などを12、13日に行われます。

特別入試は生徒の目的意識や適性を重視して選抜し、20日に合格の内定が通知されます。

市立では後楽館、玉野商、倉敷翔南、真備陵南の4校も同じ日程で特別入試が行われます。

競争率の詳細はこちら

山陽新聞 2015年02月04日 21時57分 更新 より
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。