AUアカデミー(英友アカデミー)は、個別指導を重視した指導を行っている学習塾です。幼児・小学・中学の英検受験指導、高校入試、速聴学習法の指導、Newtonのe-ラーニングなど、あらゆるニーズにお応えします。


スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
平成26年度岡山県立高校の平均競争率、最低の1.1倍
2014年01月31日 (金) | 編集 |
、最低の1・10倍 の最終希望調査
 岡山県教委は2014年1月24日に、今春の県内中学校卒業見込み者を対象にした
第2次進学希望調査結果(10日現在、最終)を発表しました。


2014(平成26)年度の岡山県立高全日制高校50校の
平均競争率は1・1倍です。
前年同期より0・01%下回りました。
1959年以降記録が残っているのですが、最低となりました。

 県立全日制の競争率は、4年連続下がっています。
県教委高校教育課は「国の就学支援金で負担が減ったことなどから
私立の希望者が増えていて、県立としてさらなる魅力づくりに努めたい」と話しているようです。

 県立全日制では、定員割れが全129科のうち30校49科に上り、
前年同期の22校40科から増えました。

勝山蒜山校地普通科が0・53倍で最も低かったほか、
中高一貫の操山普通科も内部進学を含めて0・98倍で1倍を切りました。

 一方、競争率が最も高かったのは岡山南生活創造科の1・96倍です。

2倍を超える学科は2年ぶりにありまあせんでした。

 県内の中学校卒業見込み者は1万9186人で、
98・9%に当たる1万8970人が進学を希望しています。

このうち県立全日制の志望割合は71・4%で前年同期比1・0%下がっています。

県内の私立全日制は18・4%と同0・9%上がっています。

 県立全日制の入試日程は、制度改革で新設される
特別入試が31日〜2月4日に出願を受け付け、
2月13、14日に学力検査や面接などを行います。

一般入試の出願期間は2月24〜26日で、3月12日に学力検査、
3月13日に面接と実技が実施されます。


山陽新聞(2014/1/24 19:55)

第二次調査(平成26年1月10日現在).pdf
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。