AUアカデミー(英友アカデミー)は、個別指導を重視した指導を行っている学習塾です。幼児・小学・中学の英検受験指導、高校入試、速聴学習法の指導、Newtonのe-ラーニングなど、あらゆるニーズにお応えします。


スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
平成27年岡山県公立高校入試 平均競争率1.12倍
2015年01月10日 (土) | 編集 |
2014年12月17日に、県内中学校の来春卒業見込み者を対象にした
公立高校の第1次進学希望調査結果が発表されました。

県立全日制50校の平均競争率は1.12倍です。
記録が残る1952年以降で最低だった前年同期の1.14倍を
さらに下回りました。

私立高への進学希望者が増えたことなどが理由と考えられます。

 卒業見込み者1万8614人(前年同期比574人減)のうち、
進学を望むのは1万8381人。
このうち県立全日制(定員1万1960人)を1万3446人、
県内私立全日制を3038人が希望しています。

進学希望者全体に占める割合は県立全日制が73・2%(前年同期比0・9ポイント減)と下がったのに対し、
県内私立全日制は16・5%(同0・6ポイント増)と上がりました。

 県内私立全日制希望者は5年連続で増えています。
私立の教育内容に魅力を感じる生徒が増えたことや、
国が導入した就学支援金制度によって学費が軽減されたことが理由だと考えられます。

 県立全日制で競争率が2倍を超えた学科はありませんでした。

最も高いのが高松農食品科学科の1・90倍、
次に倉敷工機械科の1・85倍。

普通科の最高は芳泉の1・48倍。

県立全日制50校127科2コースのうち、28校46科は希望者が定員に達しませんでした。

 自己推薦入試に代えて14年度から導入している特別入試は、
定員3510人に対して7408人が希望しています。
平均競争率は2・11倍となっています。

最高は倉敷中央普通科子どもコースの4・00倍。

 最終の第2次調査は来年1月10日現在でまとめ、同26日に発表されます。

県立高の入試の特別入試を2月12、13日、
一般入試は3月12、13日に実施されます。

山陽新聞 2014年12月17日

詳しくは、岡山県教育委員会のWebサイトで。
「平成27年3月卒業者」の「第一次調査」(平成26年12月1日現在)」
岡山県公立高校入試の過去問&解答
岡山県 高校入試対策お勧め
英語 高校入試対策
公立・私立高校の詳細・過去問題



スポンサードリンク
テーマ:高校受験
ジャンル:学校・教育
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。